最近よく聞くZoomって何?【今更聞けないZoomについて】

ノウハウ・マインドセット

こんにちは、しがなです。

最近よく聞くZoomってなんなんだろう?

皆さんも近頃「Zoom」という単語をよく耳にすると思います。

あまりにも当たり前かのように話されるので、「何それ?」と言いづらくないですか?

今日はそんな方に向けて、分かりやすくZoomについて説明していこうと思います!

もちろん、知ってるよって人にとっても有益となる情報を書いているので最後まで見ていってくださいね!

Zoomとは?

一言で言うと、Zoomとはweb会議システム(多人数特化型ビデオ通話)です。

web会議?なんだサラリーマンしか使ってないのか。

と思うかもしれませんが、それは間違いです。

もちろん、web会議でも使われていることに違いはありませんが、多くの人は違う目的で使っています。

会議以外の使い方

会社での会議以外の利用方法について紹介していきます!

学校や予備校の授業

まず1つ目が、学校や予備校の授業等での利用です。

外出ができず、学校や予備校に通えない今、自宅から多くの人が参加可能なZoomは非常に脚光を浴びています。

私の大学でも、Zoomを使ったゼミなどの活動は行われており、今後コロナ騒動が収まらなければ、実際の講義でもZoomを使った授業が行われていく予定です。

オンライン飲み会

2つ目が今回フォーカスを当てて話そうとしているオンライン飲み会です。

飲み会といいましたが、お酒を飲めない高校生や、ママ友間で催されるお茶会などでも使用されるため、その使い道は無限通りあります。

無料で顔を見合わせながら時間を共有できるのでコロナで外出できない多くの人に愛用されています。

Line電話やSkypeとはなにか違うわけ?

そんなサービス昔からあったじゃん!

と思う方も多いでしょう。

結論から言いましょう。

たいした差はありません。

ですが、これだけ流行っているんですから理由があります。

わかりやすいようにLine電話と比較していきましょう。

1. 超多人数の顔を同時にみることができる(Lineは4人)
2. 事前に友達登録といった前提条件がいらない
3. アプリをダウンロードしなくてよい(ブラウザからミーティングIDもしくはURLを取得していたら参加可能)
4. 比較的安定した動作
5. 簡単に画面共有ファイル共有レコーディングが可能

これらが今、Zoomが流行っている理由です。

従来のビデオ通話アプリと大きな違いはありませんが、Zoomの制作会社の心遣いともとれる小さな便利機能が多くの人に受け入れられ、ここまで流行っています。

ここまで見てくれたら、もう大体Zoomのことは理解出来たと思います。

これまで使ったことない人は使いたくなったのではないでしょうか?

ですが、ここからはZoom利用の注意点を説明していきます。

1. 終わりの合図(居酒屋なら終電や閉店)がないのでキリがなく時間がかかってしまう
2. だれでも簡単に入れるため、セキュリティが低い
3. ビジネスで利用する場合、無料版では多人数(3人以上)会話を40分しかできない

以上が注意点になります。

筆者も以前、Zoom飲み会を行いましたが、終わるタイミングがなくて朝3時まで合計6時間ほど飲み会をしていました(笑)。

後に、そのとき一緒に飲んでいた友達と話をしたら、いつ終わるのだろうと同じ事を考えていたらしいです。

友達と家にいながらコミュニケーションをとるには本当に便利ですが、思わぬデメリットもあるので注意してください!

まあ圧倒的にデメリットよりメリットのほうが大きいんですけどね(笑)。

おわりに

新型コロナウイルスによる外出自粛のせいで、多くの方が友達と話せなくて寂しい思いをしていると思います。

そんなときはぜひZoomを利用して、無料で顔を合わせて話したり一緒に飲んだりしてみてください!

こんなときだからこそZoomを有効活用することによって、少しでも有意義な自宅生活を送ってくださいね!

以上、Zoomについてのお話しでした!

コメント