【お酒に弱い人必見】お酒で潰れない・二日酔いを残さない方法

ノウハウ・マインドセット

こんにちは!しがなです!

お酒で潰れたことがある人なら分かると思うんですけど、あのときの気分と言ったら気持ち悪すぎてもう最悪ですよね。

しかも次の日に気持ち悪さが残っていたりすると、その日の予定を狂わし兼ねないです。

お酒を飲んで潰れることは誰もが避けたいことだと思うので、

今回は、お酒で潰れたり二日酔いをなくすための方法について紹介していきたいと思います!

あまりお酒を飲まずに飲み会を乗り越える方法については以下の記事を参考にしてみてください!

【お酒が苦手な方へ】飲み会を乗り越える方法5選

お酒で潰れない方法

お酒の前に食べ物や二日酔い防止の飲料や薬を摂取

空腹の状態でお酒を飲むと、すぐに酔ってしまうというのはよく聞きますよね。

胃の中に何もない状態だとアルコールが吸収されやすいので、お酒を飲む前に何かしら食べておくと、空腹の状態に比べ非常に酔いにくくなります。

また、飲料でいうと、牛乳やヨーグルトなどの乳製品などは、飲むと胃をコーティングしてアルコールの吸収を遅くする効果があります

二日酔い防止のためには、ウコンの力やヘパリーゼなどの飲料や薬を飲んでおくこともおすすめでしょう!

酔いにくいお酒を飲む

アルコール度数が一緒ならどれ飲んでも一緒だよね。

そう思う方もいるかもしれませんが、実は一緒ではないんです。

レモンやグレープフルーツ、オレンジと言った柑橘類に含まれる「クエン酸」には、肝機能を向上させることで、アルコールを分解する際に発生する有害物質の解毒を促進させる効果があります。

なので、レモンサワーやカシスオレンジなどの柑橘類が含まれたお酒を飲むことで、酔いにくくなるのです。

一気飲みをしない

一気飲みをすることによって、急性アルコール中毒を引き起こすことがあるので一気飲みは絶対に止めましょう。

潰れる云々ではなく、その人の命に関わります

お酒は節度を持って楽しく飲みましょう!

チェイサーを飲む

これは結構大事なことですが、お酒だけを飲まず水などのチェイサーをしっかりと飲みましょう

アルコールを分解するには、体内の水を使用することになるのでお酒だけ飲んでいては分解するための水分が不足しがちです。

なので、チェイサーを飲むことによってアルコールの分解を促進することにつながります!

酔いを防止する食べ物を食べる

居酒屋でお酒を飲むときは、食べ物も一緒に注文すると思います。

そのときに、酔いを防止する効果を持った食べ物をお酒と一緒に摂取するように心がけましょう。

具体的にどのようなもの食べればいいかというと、

胃をコーティングしアルコールの吸収を遅れさせる効果があるチーズなどの乳製品

アルコールの分解によって消費されるビタミンやミネラルが多く含まれる野菜やフルーツ

肝臓の機能を向上させるためのタンパク質を多く含んだ肉や魚、卵、枝豆などがおすすめです!

こう見るとほとんどのものが、お酒による酔い防止に役立つことが分かると思います。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

お酒を飲んで酔って楽しむことは全く悪いことではありませんが、潰れて誰かに迷惑をかけたり、救急車で運ばれてしまうようなことはないようにしましょうね。

お酒を飲んでも呑まれてはいけませんよ!

以上、お酒で潰れない方法5選でした!

コメント